1 - 1

いろあみどとは?

新提案「いろあみど」

どこの家にもあるアミ戸を、アートやグラフィックのキャンパスに変える。
住宅や商環境で、アーティストや建築家、グラフィックデザイナーの表現領域が一気に広がりました。
「いろあみど」は、インテリアやエクステリア、さらにはその概念を超えて
グラフィカルな日本の住商環境を創造します。


インテリアに

「いろあみど」なら、窓辺のコーディネイトを大胆に創出できます。今までにない斬新な発想で。
キャンパスとなった窓から始めるインテリアに、挑戦してみませんか。

エクステリアに

「いろあみど」が、ショップやオフィスの窓をグラフィックサインに変えてしまします。
もちろんオリジナルデザインも可能。工事費もかからず、取替えも簡単。新しいファサードサインの誕生です。

街を変える!看板クリエイティブ

サイン実験工房「コタラボ」

店舗や住居、そして標識や街頭広告。街が美しくあるためには、その一つひとつに意志と挑戦が必要だ。
標識や看板は、誘導や広告のためのみに創られるのではない。
コタラボは実験工房だ。クライアントもディレクターもクリエイターも、意志を持って試行錯誤を繰り返す。
それは自分たちの挑戦で、街を変える! 強い志の表れなのだ。


環境サインという考え方

看板には、街を変える力がある。
標識や看板は、誘導や広告のためのみに創られるのではありません。その仕上がりは街の美観に大きく影響します。
日本では看板の広告効果が優先される傾向がありますが海外では看板の効果が街の美しさに貢献する街も少なくありません。
コタラボは、看板の担う重要な役割である「街を美しく演出する」その力にこだわります。
環境デザイナー、建築家、グラフィックデザイナーの方々とともに環境創造の担い手となるべく、努力を続けます。

実験工房コンセプト

クリエイターと街をつなぐ場所。
多くの才能が街や景観を美しく創出しています。都市計画や店舗住宅設計など、多くの場面で活躍するクリエイター達。
看板サインの世界にも、もっと多くの才能が集まるべきです。コタラボはその社名どおり「実験工房」。
美しくグラフィカルなサインを企画製作するための設備が、最適化されています。
これらはクリエイターとのコラボレーションを実現する、インターフェースとなるのです。

グラフィカルであること

美しいことは看板の責務である。
パーソナルコンピューティングの発達でいつの日か街は、手作りや簡易的なサインが増え続けています。
これらの全てを否定しませんが、中には安易なデザインのものも少なくありません。
看板の役割は情報を伝えること。店や商品の魅力を演出すること。
そして最も重要な役割が「街を美しく演出する」ことだとコタラボは考えます。
都市の景観の一端を担うサインは、グラフィカルであるべきです。美しいことは、看板の責務なのですから。


特殊看板はお任せください!